交通事故を起こしたら何をすればいいのか?①

はじめて交通事故を起こした方、巻き込まれた方は、
どのように対処すればよいのかわからずに途方に暮れるかもしれませんね。
あらかじめ 治療費 や 保険、 示談、 損害賠償 などについてきちんと把握しておくと、失敗や後悔することもなくなると思います。

そこで今回は、「交通事故で大事なことを把握してみよう」として
交通事故についての治療、手続きなどのことをいろいろを書いていきたいと思います。

◆交通事故を起こしたら何をすればいいの?
交通事故が起きた時の基本的な対処 8つを順にくわしくご紹介していきます(基本的なことですが・・・・)
いざという時のために、頭の片隅に置いておくと良いかもしれませんね。

1.負傷者を救護する
●対人事故を起こした場合は、すぐに 119 番 に通報します。
次に、二次被害を防ぐために車を道路の端に寄せ、三角停止板があればそれを使って後続車に注意喚起します。

事故を起こした際に絶対にしてはならないのは、負傷者を救護せずにその場を離れることです。つまり、ひき逃げです。
これは 救護義務違反 ( 道路交通法 72 条 ) に該当する行為なので、以下のような罰則を科せられることがあります。

ちなみにこの違反は
違反点数 23 点
•免許取消
•5 年以下の懲役、または 50 万円以下の罰金
•過去の違反記録によっては、数年間運転免許が持てなくなる

●一方、家屋や塀、無人の車やバイクなど ” モノ ” にぶつけた場合は 物損事故 となります。
物損事故を起こして逃げた場合は、当て逃げ ( 報告義務違反 ) となり、以下の罰則が科せられることがあります。

ちなみにこの違反は
違反点数 5 点
•3 ヶ月以下の懲役、または 5 万円以下の罰金

どんな理由であれ、ひき逃げ や 当て逃げ は絶対にしないようにしましょう。

参考:道路交通法 第72条
「 運転者は、負傷者を救護し、道路における危険を防止する等必要な措置を講じ、警察官への報告する義務を負う。これに違反した場合は、罰則がある 」

 

次回は
2.警察へ事故の届出をする

について書きたいと思います。

交通事故治療についてはこちらをご覧ください。