交通事故後の体調不良、こんな悩みはありませんか?

・交通事故後、首や肩に痛み、違和感がある
・病院のレントゲンで「異常なし」といわれたのに、頭痛、めまい、吐き気がある
・交通事故後、体がだるい、疲れやすい

その原因はむちうちかもしれません。

 

交通事故によるケガのほとんどが「むち打ち」や「腰痛」で、
そのむち打ち症の約80%は「頸椎捻挫」といわれる症状です。

頸椎捻挫は整骨院の専門分野です。

 

事故後は必ず病院で診断を受け

整骨院・接骨院で治療やリハビリを受ける同時併療をオススメします。

 

痛みなどの自覚症状があるのに、
病院で「レントゲンには異常がありません。様子を見ましょう。」と言われ、
痛み止めや湿布などを処方されて終りで、一向に良くならない体の不調に
不安を感じていらっしゃる方も多いと思います。

レントゲンは『ほねの異常』を見るものなので、
むち打ちの原因となる筋肉や神経に炎症があっても「異常なし」という診断になってしまいます。

当院ではレントゲンでは写らない筋肉や関節周辺の微妙な異常を見つけだし、
手技療法、電気療法により筋肉に直接アプローチをし
全身の筋肉のバランスの崩れを調整していく治療を行います。
病院との併用も可能ですので、
「どうせ治らない」とあきらめずに是非一度治療を受けてみてください。
交通事故の後遺症は、放置すると二次障害を起こすことがあるため、早期の治療と完治するまで治療することをオススメします。

 

ひょうごや整骨院は交通事故治療を得意としています。