交通事故:よくあるご相談 その1

当院へ来院される交通事故患者さんからお受けするよくあるご相談をご紹介します。

 

●事故から数日はどこも痛くなかったが、後日痛くなってきた

●他の医療機関に1ヶ月ほど通院しているが改善がみられない

●病院ではシップと痛み止めが処方されたがそれだけで良くなるか心配

●保険会社との話し合いは初めてで良くわからない

 

といったご相談が多くあります。

 

1つずつご説明したいと思います。

 

●事故から数日はどこも痛くなかったが、後日痛くなってきた

これは交通事故では良くある事です。

事故での怪我(特に鞭打ち)は事故当日~数日間は無症状でも

数日たってから痛みが出始める事があります。

この場合は、出来るだけ早く病院へ行き検査や診断を受けるようにしましょう。
『そのまま放っておけば治るだろう』と考えてはいけません。後遺症が残る原因となります。

病院へ行くべきかわからない場合は、お電話でもかまいません当院へご相談下さい。

 

 

●他の医療機関に1ヶ月ほど通院しているが改善がみられない

交通事故の怪我であれば、受傷後1ヶ月程度の通院であれば症状が改善しない事も良くあります。事故での怪我は、体の深部へ衝撃が加わり思っている以上に重傷の場合が多い為です。

しかし、怪我をされた方は『一ヶ月も通院すれば良くなるだろう』と普通は考えてしまうものです。その事を非常に悩まれストレスに感じる方も少なくありません。

 

ただ本当に、治療方針が合っていないという事もあります。

その場合は、不安やストレスを取り除く意味でも治療方法が違う別の医療機関へ行ってみても良いと思います。

他の医療機関へ移りたい場合は、

「1ヶ月通院したが症状が改善しないので別の所に変わってみたい」

と担当の保険会社へ相談されると良いです。

患者さんご本人が納得して通院できる医療機関を選ばれるべきだと思います。

 

 

 

次回へ続く・・・