交通事故:交通事故証明とは?

交通事故のときに必ず必要になる交通事故証明書というものがあります。
これまで事故に遭遇したことがないという方は聞いたこともないかもしれません。

交通事故が起きたことを警察が証明する書類のこと です。

交通事故に遭った時、
怪我がないから大丈夫と思い何もせず、
時間がたってから症状が出てしまった!なんてこともあります。

怪我が軽いから、怪我していないからと言って届け出をしなかった事で
後々保険の手続きが行えない・・なんてことにならないためにも
交通事故に遭った時は、必ず申請をしましょう。

事故の大小に関係なくまずは事故現場に警察を呼ぶ事が重要です。

人身事故では、被害者は自賠責保険の被害者救済手続きを行ったり
任意保険の請求などを行いますが、
その際にもこの事故証明書が必要になります。

この証明書には、
•事故の発生日時
•発生場所
•当事者の住所・氏名
•相手方の自賠責保険などの証明書番号

などが書かれています。

交通事故証明書は自動車安全運転センターなどに
申請をすることで作成してもらえます。

申請書は、
•警察署
•交番
•駐在所
•自動車安全運転センター事務所
•損害保険会社

などでもらうことができます。

申請が可能なのは、
•被害者
•加害者
•証明書の交付を受けて正当な利益のある人( 家族など )

などです。

交通事故証明書の申請には期限があり、
•人身事故は事故発生日から 5 年
•物件事故は事故発生日から 3 年

上記期間が経過すると、原則として交通事故証明書は発行してもらえません。

 

⇒交通事故治療についてはこちらをご覧ください。