交通事故:基礎知識② 危険運転

交通事故の中でも
一番危険な事故とされるのは、

危険運転致死傷罪

に問われる事故です。

以下のような事故が当てはまります。

•酒を飲んで起こした人身事故
•薬物を使用して起こした人身事故
•速度制限を逸脱して起こした人身事故
•無免許による人身事故
•暴走運転 ( 信号無視など ) による人身事故

などです。

以前は、これらの罪状すべてが 業務上過失傷害 に適用され、
最長でも5年の懲役刑と決して重いとは言えないものでしたが、
現在は最長で 20年の懲役刑と厳しいものに改正されています。

人生を棒に振らないためにも、常日頃から
危険な行為は決して行わないように把握しておくことが大切です。

 

⇒交通事故治療についてはこちらをご覧ください。