交通事故:過失割合は治療費、慰謝料にも影響?

人が怪我をするような交通事故のことを「人身事故」と言いますが、
人身事故では物損の過失割合をなぜか先に決めることが多いようです。

しかし、ここでいい加減にきめてしまうと
治療費や慰謝料の話し合いにも影響してくるので注意しなければなりません。

過失割合については物損の段階から妥協してはいけません。
相手から「とりあえず物損の過失割合を決めましょう」や
「物損と人身は別々に決めましょう」 などと言われるがまま進めると
そこには落とし穴がある事も。。。

なぜなら、実際に人身についての過失割合を話す段階になって、
「物損の示談の際、この過失割合で納得しましたよね 」 と言われてしまい
正当な治療費、慰謝料をもらえない可能性もあるからです。

示談=当事者双方納得の上、同意した ということですので、
一度決めた過失割合は動かしようがなくなってしまいます。
物損の段階から慎重に判断しなければなりません。

交通事故の後処理では、結論を出すのを慌てる必要はありません。
⇒過失割合が確定していないが事故治療で継続通院されるケースは多々あります。
⇒事故による怪我が治ってもまだ過失割合が決まっていないというケースもあります。

わからない場合は、専門家に聞いてからでも遅くはないので、
あいまいなまま話を進めないようにすることが大切だと思います。

自分(加害者)が加入している任意保険会社に相談してみることも一つの方法です。
また交渉の専門家である弁護士に相談する事も一つの方法です。
当院では、提携弁護士事務所への紹介も行っております。

 

⇒交通事故治療についてはこちらをご覧ください。