坐骨神経痛

気温が低下するにつれ、神経痛、特に坐骨神経痛でお悩みの方が増えてきています。

坐骨神経痛とは良く耳にする病名ではありますが一体どんな症状なのでしょうか?

 

坐骨神経は、お尻の辺りから足先まで腰から下全体に通っている太い神経です。

その為、坐骨神経痛が発症すると腰から下のどこにでも症状が現れるのです。

 

症状は非常に様々で、

・腰が痛い
・足がピリピリしびれる・痛い
・歩くと足が痛む
・立ち座りで下半身が痛む
・足に力が入りにくい

などなど。他にも様々な症状が現れます。
共通するのは、下半身への痛みやシビレ、だるさなどの違和感があるという事。

 

坐骨神経痛になる原因と言うのも様々で、坐骨神経痛単体で発症する事もあれば、ギックリ腰・ヘルニア・すべり症・分離症・筋肉の緊張 などなど様々な理由によって引き起こされてしまいます。

 

発症する原因も様々な為、その症状によって治療法は様々です。

温めた方が良い場合・ストレッチが効果的な場合・固定し安静にしなければいけない場合、一般の方には見分ける事が非常に困難です。

 

間違った対処をしてしまわないように、症状がある場合はお気軽にご相談下さい。

 

 

ひょうごや整骨院 上田

 

 

 

 

 

神戸市灘区六甲の整骨院はひょうごや整骨院へ・交通事故、むちうち治療もお任せ下さい!