変形性膝関節症ってどういった症状?

変形性膝関節症は、実は比較的多くの方が悩んでいる症状です。

・膝のこわばり感

・歩き始めの膝の違和感

・階段の昇降のし辛さ

・正座がしにくい

・長時間歩くと膝が熱っぽい

・膝がぷっくり腫れている感じがする

などなどこれらの症状は変形性膝関節症の可能性があります。

 

原因は?

関節を構成する軟骨や骨などの磨り減りなどによる変性で、主には女性に多く発生します。

女性に多い理由としては、女性ホルモンの関係もあると考えられています。

男女共に関係する原因は、肥満や姿勢です。

それらが長年に渡り膝に負荷を掛け、関節に変形を引き起こしてしまうのです。

 

治療方法は?

重度の変形の場合、

現在最も有効な根本改善方法は、手術にて人工関節置換術となります。

 

軽度の変形の場合、

・炎症を抑える

・筋力をつけて骨や関節に負担が掛からないようにする

・筋肉や関節をやわらかくして膝周囲の機能を高める

・姿勢や歩き方の改善

・ダイエット

などがあります。

 

骨が変形してしまっている場合、手術以外に治す方法がありません。
しかし、現状より悪化させない為に消炎沈痛・筋力強化・負担軽減といった方法で手術をせずにすむ事があります。

 

放っておいたら自然とよくなる症状ではありません。
おかしいと感じたら早めの対策をオススメします!

お気軽にご相談下さい!

 

 

ひょうごや整骨院 院長 上田