夏場はビールが美味しいですが・・・③

こんにちは!

今日は、芦屋の花火大会がありますね!
この暑い中、行く気になれない私は自宅待機です(笑)

熱中症にお気をつけてお出掛け下さい。

 

ビールについての続編です。
夏に熱めのシャワーを浴びるとその直後は暑いですが、その後涼しくなる現象があります。
これは、熱いシャワーを浴びる事で皮膚の血管が開き体温を放出させるからなのです。

アルコールにはこれと同じ効果があり、血流がよくなり一時的に体温が上昇しますが、血管が開きかえって冷えてしまいます。

おまけにビールは、冷酒や焼酎よりも飲む量が多くなってしまう傾向があるため内部から体を冷やしてしまうのです。

 

「私はビールで冷えません」という方もいると思いますが、それは自覚症状の問題で体は気が付かない間に冷えてしまっているのです。(冷たい物を飲んで冷えない人は存在しません)

そういった方は、
「昨日の酒が残る」とか「悪酔いしたとき」といった状態になると【お酒の飲み過ぎ】と考えがちですが、実は【アルコール】が原因でなく【冷え】が原因であることもあります。

 

人間は体が冷えると、頭痛・肩凝り・下痢・腰痛・こむらがえりなど、さまざまな症状がおこってきます。体が慢性的に冷えてしまうと症状も慢性的になってしまい、ちょっと治療を受けただけでは改善しなくなってしまいます。

 

次回へ続く・・・

 

 

神戸市灘区六甲の整骨院はひょうごや整骨院へ・交通事故、むちうち治療もお任せ下さい!