熱中症の症状

いよいよお盆に入りましたね。
ひょうごや整骨院はお盆休みなしで診療しております。

お出掛けになる事が多くなる時期ですが熱中症にはご注意下さい。

熱中症の対策についてはよく目や耳にしますが、どういった症状になるのでしょうか?

熱中症の度合別にご説明します。

 

①軽度 (水分をとり涼しいところで休みましょう)
【熱けいれん】
大量に汗を掻き体内の水分や塩分不足により、手足などの筋肉がつる(けいれん)を起こします。
またそのけいれんには痛みを伴います。

この時期におこる『こむら返り』も寝汗などによる脱水症状が原因の場合もあります。

【熱失神】
長時間暑さにさらされる事により、全身の末梢血管が広がり全身への血液量のバランスが悪くなってしまい、一時的に脳への血流が減ってしまいます。

すると、急なめまいや立ちくらみ、ひどい場合は数秒程度の失神を起こします。
その兆候として、顔面蒼白・唇の痺れなどが見られることがあります。

 

②中度 (このレベルでは病院へ)
【熱疲労】
脱水と塩分不足がひどくなると、めまい・全身倦怠感・脱力感・頭痛・失神・吐き気・嘔吐などなど症状が重複して発生します。

その他、血圧の低下・頻脈・皮膚の蒼白・多量の発汗などのショック症状が見られることもあります。

 

③重度 (このレベルでは急ぎ救急車を呼びましょう!)
【熱射病】
呼びかけに反応しない(反応が遅い)・ろれつが回らない といった症状が発生します。
また、自己温度調節機能が崩れ、中枢神経系を含めた全身に障害が起こり死亡率も高くなります。

 

以上のように症状別でわけられます。
熱中症といっても命にか関わる場合もありますので、状態に合わせて対処が必要です。

 

自宅内であっても熱中症が発生してしまいます。
いつもと体調がおかしいと感じたときはすぐに救急車を呼ぶ事も重要です。

 

 

ひょうごや整骨院 上田