症状別 ハンドクリームの選び方

今日は大寒でこれかもう一段階寒くなる事でしょう・・・

寒くなるとやはり気になるのが乾燥です。

炊事・洗濯などの水仕事がつらい時期ですね。
どうしても手荒れが気になってしまいます。

 

そんな時はハンドクリームが欠かせませんが、種類が多くてどれを選べばよいかわからない事も。
そこで症状に合わせたクリームの選び方をご紹介します。

 

○乾燥によるカサカサ・・・ビタミン系
『冷え』は肌荒れの原因の一つ。ビタミンE配合のクリームは、血流改善・保湿の働きがあり『冷え』や『乾燥』の解消につながります

○かさつき・かゆみ・・・保湿系
ヒアルロン酸やワセリンなど保湿効果のある成分は様々ですが、成分にはこだわらず自分の肌に合うものを選ぶように。

○角質化してゴワゴワ・・・尿素系
尿素は保湿効果と角質層を溶かす働きがあります。目元や唇など皮膚が薄い部分には使わないように。ゴワゴワが落ち着いたらビタミン系に。

○ひどいかゆみ・・・かゆみ止め系
赤みのある炎症などでかゆみがひどいときには、かゆみ止め成分が含まれたものを選びたい。5日ほど試し治りが悪ければ念のために皮膚科へ

 

クリームを塗るのは、寝る前やお風呂上りが最適です。
お風呂上りから寝るまでの時間が長い方は、もう一度塗っておきましょう!

手荒れは対処できる事が多いのであきらめず対策を!

 

 

ひょうごや整骨院 上田

 

 

 

 

 

神戸市灘区六甲の整骨院はひょうごや整骨院へ・交通事故、むちうち治療もお任せ下さい!