豆知識:省エネする鼻

鼻の下に指をあててみてください。
普通に呼吸をしていると、どちらかの鼻の穴からしか
呼吸を感じられないはずです。

さほど酸素を必要としない状況では、鼻の奥にある鼻甲介を
1~2時間おきに片方だけ充血させ、空気の通り道を狭くする
ことで片方を休ませているのです。

呼吸している本人にも知らない間に省エネして
休ませているというのは人の体はすごいですね!