交通事故での腰痛

交通事故で発生する症状で最も多いのは『むち打ち症』ですがそのむちうちに次いで多いのが実は腰の痛みなのです。

 

交通事故の被害に遭い、直接腰をぶつけていないのに腰に痛みが発生する事が多々あります。

なぜかと言うと何をするにも最も力が加わるところだからです。

 

事故に遭った時に、

・全身で踏ん張った際に最も力が入る

・体の中心(上半身と下半身のつなぎ目)の為に体に受けた衝撃が腰に集まってしまう

などの理由により直接衝撃が加わっていないのにも関わらず痛みが発生してしまいます。

 

腰は、むちうちとは違い、めまいや頭痛などといった症状が発生しにくいため、どうしても軽視されがちです。

しかし、腰にも後遺症があり【慢性腰痛】【坐骨神経痛】といった症状が残ってしまう事もあるのです。

 

事故での怪我だけでなく、怪我をしたらしっかりと治しておく事をお勧めします!

 

 

ひょうごや整骨院 上田

関連記事

  1. 自動車と自転車の接触事故④

  2. 交通事故後の後遺障害の等級及び限度額:第一級

  3. 交通事故を起こしたら何をすればいいのか?⑦

  4. 交通事故後の後遺障害の等級及び限度額:第十二級

  5. 交通事故の損害賠償:加害者への請求④物損

  6. 後部座席のシートベルト非着用は危険

PAGE TOP