交通事故後、次にしなければいけない事は?

前回は事故発生時にまずしなければいけない事として、

・人命救助

・安全確保

・110番通報

をしましょう。とお話しました。

 

ではその次は?

 

次にしなければいけないのは、事故当事者同士の身元確認です。

・名刺をもらう
・免許証をみせてもらう
・自宅住所と電話番号を聞く

などを行います。
名刺だけでは身分確認は出来ませんので、『身分証明書』となる免許証や保険証などで確認しましょう。

 

次に、任意保険に加入している場合は保険会社に連絡します。

自動車同士の事故の場合は双方加入の保険会社にそれぞれが連絡をします。
保険会社には「事故発生日時・場所・状況・相手の名前」を伝えましょう。

身分確認・保険会社へ連絡することは、必ず当事者がおこなう必要があります。

お互いの連絡等が不十分で後々もめてしまっても警察は間には入ってくれません(民事不介入)

 

被害者側からすると非常に面倒な事ですが、きっちりとおこないましょう。

交通事故を起こした相手とのやり取りは以上になります。

 

関連記事

  1. 交通事故後の後遺障害の等級及び限度額:第十三級

  2. 頸部への損傷:バーナー症候群

  3. 交通事故:等級認定を受けるためには?

  4. 健康保険で交通事故治療が受けられるの?③

  5. 交通事故での怪我、通院期間は?②

  6. 交通事故を起こしたら何をすればいいのか?②続

PAGE TOP