交通事故時の衝撃

交通事故の衝撃によってむちうちやその他のケガの症状、度合いは変わってきます。
そのためにもスピード超過をなくし、安全運転を心がける必要があります。

では交通事故時のスピードでどの程度の衝撃があるのでしょうか?

時速40km/h で6mから飛び降りる衝撃(ビル3階)
時速60km/h で14mから飛び降りる衝撃(ビル4階)
時速80km/h で25mから飛び降りる衝撃(ビル6階)
時速100km/h で39mから飛び降りる衝撃(ビル10階)
時速120km/h で56mから飛び降りる衝撃(ビル14階)

というデータがあります。
100km/hでの追突は、ビル10階からの落下に相当する・・・
少し想像しただけでもとても怖いですね・・

とくに高速道路走行時には
〇車間距離を十分にとり、速度の抑制を
〇万が一の衝突に備え、全席シートベルト着用を
以上のことを心得えて運転してください。

 

⇒交通事故治療についてはこちらをご覧ください。

 

関連記事

  1. 交通事故での怪我、通院期間は?③

  2. 交通事故の損害賠償:加害者への請求②消極損害

  3. 健康保険で交通事故治療が受けられるの?③

  4. 交通事故治療:健康保険、労災保険を使用する理由は?①

  5. 交通事故治療:国の保障事業

  6. 交通事故後の後遺障害の等級及び限度額:第一級

PAGE TOP