交通事故:等級認定とは?

前回の続きで、

症状固定した後はどのようにすれば良いか?

というお話です。

 

症状固定した後は「後遺障害部分」の賠償を請求すれば良いのか?

この疑問を解決する為のキーワードは「等級認定」です。

 

等級認定とは?

後遺症の症状は被害者それぞれ異なります。
しかし、すべての被害者の損害を個別に算出することは困難な為、後遺障害を『16等級142項目』の等級に分類し、迅速かつ公平な処理を行うための「等級」認定なのです。

 

適正な賠償を受けるためには
後遺障害部分の基礎となる慰謝料や労働能力喪失率などは、等級に応じて定められており、症状は同じでも、等級が適正に評価されるかされないかで、大きく損害賠償請求額が変わってきます。

後遺症の等級は損害賠償請求の基礎となります。
その為、適正な賠償を受けるには、適正な等級認定を受ける必要があります。

 

 

ひょうごや整骨院は交通事故治療を得意としています。

 

関連記事

  1. 交通事故後の後遺障害の等級及び限度額:第五級

  2. 交通事故:よくあるご相談 その2

  3. 交通事故のとき、同乗していた人の治療費は?①

  4. 交通事故を起こしたら何をすればいいのか?②続

  5. 後部座席のシートベルト非着用は危険

  6. 交通事故後の後遺障害の等級及び限度額:第九級

PAGE TOP