自賠責保険と任意保険は何が違う?④

数回に分け、自賠責保険と任意保険のそれぞれの違いをお話しました。

ではどちらがどのタイミングで適用されるのか?についてご説明します。

 

人身事故が発生した場合は、基本的に自賠責保険が優先して適用されます。

 

それはなぜかと言うと、自賠責保険は国の法律によって定められた保険であり、交通事故の被害に遭った人を守る為に加入義務が設けられています。

その為、交通事故で被害者がいる場合はまずは自賠責保険が適用されます。

簡単に言うと被害者を守る為に自賠責保険が存在すると考えていただくと良いと思います。

 

一方、任意保険は、自賠責保険とは逆の考え方になります。

車の所有者(お客)と任意保険会社(店)という関係があります。
その為、任意保険は事故を起こしたお客(加害者・被害者どちらであっても)を守る為の保険となります。

 

所有者(お客)が事故を起こしたときに必要以上に負担を強いられないように、物損修理代や弁護士費用などお客を守るための補償が充実しているわけですね。

 

次回も自賠責保険と任意保険の適用のタイミングについてお話させていただきます!

 

 

 

次回へ続く・・・

 

関連記事

  1. 自賠責保険と任意保険は何が違う?⑤

  2. 交通事故:後遺障害の種類

  3. 事故後の体調不良、病院では「異常なし?!」①

  4. 事故後、病院に行かなければどうなるの?

  5. 交通事故後の後遺障害の等級及び限度額:第七級

  6. 事故発生後、警察を呼ぶ理由は?

PAGE TOP