年齢と共に背中が丸くなってしまう?

家族や友人から『昔より背中が丸くなった』と言われる事はありませんか?

 

『年齢と共に背中が丸くなってしまう』

これは日頃から意識をしていないと誰でも起こってしまうことです。

 

60歳代までは姿勢の悪い猫背で済むのですが、70歳前後以降は骨の変形が生じ背中が丸くなったまま二度と戻らなくなってしまいます。

 

そもそも、二足歩行をしている人間は直立する為に腹筋や背筋によって身体を支えています。

加齢と共にその腹筋や背筋が弱ってくると身体を直立に支えられなくなり身体は徐々に曲がってきてしまいます。

筋力の低下は30歳代から始まりますので早目の対策が大切です。

定期的に腹筋や背筋を鍛える事が出来るのがベストですが、
日頃から姿勢を意識する事だけでも腹筋や背筋の衰えを止めることができます!

 

正しい姿勢をしているのがしんどいという方、筋力不足ですよ。
このブログを読まれた今からでも意識をして背中を伸ばしましょう!

毎日の積み重ねが先の健康へ繋がります。

 

 

ひょうごや整骨院 上田

 

 

 

神戸市灘区六甲の整骨院はひょうごや整骨院へ・交通事故、むちうち治療もお任せ下さい!

関連記事

  1. 日焼け後のアフターケア方法!

  2. 梅雨の温度変化にご注意下さい!

  3. セルライトをやっつけよう!①

  4. 油は体に悪いのか?

  5. 五十肩は健康保険適用内?適用外?

  6. 栄養豊富!ナッツの健康効果

PAGE TOP