日光とは適度にお付き合い

梅雨入りしましたが爽やかな天気が続いています。
本格的な梅雨は6月後半でしょうか。

日に日に日差しが強くなってきているのを実感できます。
そうなると紫外線が強くなり日焼け対策を始めたい時季ですね。

実は紫外線を目に当てると目の表面に炎症が起き、その信号が脳から全身に行き渡り
皮膚に日焼けができます。ですから、お肌の日焼け対策だけでなく、
目への紫外線対策も大切であると最近は言われています。

また同じ原理で疲労物質が血中で増えていることから「疲れる」事もわかっています。
外に出て日にあたっていただけでも疲れを感じるのはこのためです。

紫外線はビタミンDの合成を助ける働きがあるので全面的に悪者と言うわけでは
ありませんが、適度なお付き合いが良い様です。

関連記事

  1. 雨が降ると関節が痛む!?

  2. ノロ・ロタウイルスとは?

  3. 栄養豊富!ナッツの健康効果

  4. 貧乏ゆすりの効果

  5. 室内でもみんなで運動不足解消!

  6. 子供の肘の脱臼(肘内障)は整骨院で改善可能です。

PAGE TOP