長時間座っていると高まるリスク

1日のうちで座っている時間が長いほど、
心疾患などの病気のリスクが高まるという研究結果があります。
座っていると腰が圧迫されて慢性的な腰痛にもつながるとも言われています。

また、定期的に運動していても座りすぎによる健康リスクは減らないのだとか。
解決策としてもっとも簡単なのは「定期的に立ち上がる」こと。

デスクワークや自宅などで座っている時間が長い方は、
最低でも1時間に1回5分ほど立ち上がり
歩いたり伸びをして背筋を伸ばしたり体を動かすようにしましょう!

 

関連記事

  1. 梅雨の温度変化にご注意下さい!

  2. 続・年齢と共に背中が丸くなってしまう?

  3. くるくる回し体操で血流アップ!

  4. 魔女の一撃

  5. 整骨院へ掛かる時ってどういう時?

  6. 食欲の秋『太りにくい食材を中心に』

PAGE TOP