感情で変わる涙の味

その時々の状況によって出る涙、嬉しい・悲しい・悔しい・怒り様々な涙があります。
その涙は感情によって味が違うのを知っていますか?

悔しさや怒りで感情が高ぶった時の涙は、交感神経が優位になり腎臓のナトリウム排泄が抑制され、
涙の量も少なくなるので塩辛い味になります。

一方、喜びや悲しみの涙はリラックス状態で副交感神経が優位になり、
涙の量も多くなり水っぽい味になるのです。

一時流行った涙活というのは、この喜びや悲しみの涙を利用し副交感神経を優位にすることで
神経をリラックスさせるストレス解消法ですね。

関連記事

  1. 『痛そう!』その共感の正体は?

  2. 夏バテ解消にはカレー!

  3. 『殺菌』『除菌』『抗菌』の違い

  4. 漢字小話 平成の『平』

  5. 除夜の鐘の最後の1回

  6. 成長すると骨が減る?

PAGE TOP